会社員 菊地様の成功事例

フローパフォーマンストレーニングに参加しようと思った決め手は何ですか?

 

自分に自信がなかったので、筋肉をつけてガッチリした体型になりたいと

思ったのがはじめのキッカケです。

 

フローパフォーマンストレーニングにはメンタルトレーニングの要素もあるのは

聞いてはいましたが、どういうことをやるのかイメージが出来てはいなかったのが本音です。とにかく自信をつけたい、というのが一番の課題でした。

 

私は幼いころにトゥレット症候群を発症したので、今までカウンセリングなどはいくつも受けてきました。

(トゥレット症候群とは、チックという一群の神経精神疾患のうち、音声や行動の症状を主体とし慢性の経過をたどるものを指す。小児期に発症し、軽快・増悪を繰り返しながら慢性に経過する。Wikipedia参照)

過去に受けたカウンセリングは、話しを聞いてくれ、共感はしてくれるものの、

具体的な解決策を一緒に考えてくれることはなかったのですが、フローパフォーマンストレーニングは実際の日常で活用できる内容をトレーニングしていけるので、日々効果を実感できました!!それが何よりうれしかったです!!

PicsArt_03-27-10.50.52

フローパフォーマンストレーニングを受ける前の問題点、課題点は何ですか?

 

身体が全体的に細く、友達からも「ガリガリだな!」と言われてしまうことがコンプレックスで、身体面でも自信はありませんでした。

また、トゥレット症候群に身体が勝手に動いてしまったり、声が出てしまうことで、「どう思われているんだろう?」と考えてしまい、自分はどうすればいいのかもわからなかったので、どんどん自信はなくなってしまいました。

 

「堂々としていたい」という気持ちはあっても、具体的にどうすれば良いのかがわからないことも大きな悩みでした。

 

フローパフォーマンストレーニングを始めて解決できたことは何ですか?

 

身体もガッチリしてきたのはもちろんなのですが、一番はメンタル面が想像以上に大きく変わりました!

自信がつき、今までは出来れば避けてきた人と会うことなどにも積極的に参加できるようにもなり、

FLOW Personalさんの主催する交流会やカフェ会に参加することで様々な方との出会いもあり、さらに自信が増しました。

 

今後もトレーニングを続けていくことで、

例え自信が折れても、また自分自身で自信を作れる自分になりたいです。

PicsArt_03-27-10.21.56 (1)

今後成し遂げたいことはありますか?

 

私は障害によってどん底を味わい、心から困っていました。

声が出てしまう症状があるせいで、いじめられたこともありますし、

電車の中で殴られたこともありました。

ですが、友達や家族など、多くの人に支えてもらい、ここまでこれました。

 

今度は自分が支える立場になって、困っている人や同じ障害を持っている人の

力になりたい、救いたい、という夢があります!

 

最後に、フローパフォーマンストレーニングをどんなかたにおすすめしたいですか?

 

身体作りをしたい方にはもちろんですが、

昔の私のように自分に自信がないかた、

「自分はもっとできる!」と思っているのに

1歩踏み出せない方にオススメしたいです!

DSC_0903

ありがとうございました!

ABOUTこの記事をかいた人

清水 康俊

3ヶ月であなたの心とカラダを10倍活性化させるフローパフォーマンストレーナー。メンタルトレーニング(自分の気持ちと向き合い)始めて8年以上、自分の学びのために200 万以上を投資し、心・カラダの相談を受けたのは100名以上にのぼる。