継続することが苦手な人のためのシンプルな継続方法

こんにちは、清水やすとしです。ぼくは過去、何をやっても続かない人でした。習い事も、スポーツも、新しく始めた習慣、 ことごとく続きませんでした。本当にそんな自分には嫌気がさしていましたが、今では大体の決めたことは継続して出来るようになりました。そのためのシンプル過ぎる方法をお話しします。

 

あきらめる

そう、あきらめるんです。、、、すっごいネガティブに聞こえるかもしれませんが、継続にはあきらめることがコツです。

自分にとって少しでも「難しく感じること」は手放してしまいましょう。今の自分ができることに集中するための準備です。

 

「できた!」を繰り返す

できそうにない目標をたてて、チャレンジするから、「できなかった。」を繰り返し、いつの間にか手をつけることが出来なくなり、

気付いたら継続が離れていってしまいます。必ず「できる」ことを設定し、「できた!」を味わうことで、「できた!」体感が身体に残り、自然に「できた!」を味わおうと身体は自ら進んで動いてくれます。結果的に継続に繋がります。

 

あきれるくらい簡単なことを目標にする

あなたは何を継続することを目標にするのですか?本を毎日読むこと?じゃあ、はじめは目次を開けばOKです。1週間続けることができたら次は目次を読んでみましょう。それがまた1週間できたら、次は1ページ目を、、、。これくらい簡単じゃないとダメです。

毎日の運動習慣を作るためにウォーキングをしたい?じゃあ、まずは毎日、室内で足踏み10回やるのはどうですか?1週間できたら、次は玄関まで行ってみましょう。それができたら、次は玄関の鍵を開ける、靴を履く、、、家の回りを一周する。「できた!」次は、近くの公園まで行きましょう!

 

味わう

「できた!」を大袈裟なくらいに味わうことで、自分の身体から「継続しやすい状態」にすることが大切です。小さい声でも「できた。」と口に出しましょう。どんな小さくても良いので、両手を握りしめてガッツポーズしてみましょう。ほんの少しでも良いので口角を上げて喜びを表現してみましょう。

 

まとめ

「継続は力なり」という言葉があるように、短期間ではあまり意味がなく、継続することで効果を発揮することは世の中に多くあります。

今の自分ができることを繰り返し、「できた!」を繰り返し味わうことで、気付いた時には継続し、結果として習慣、そしてあなたのスキルとなっていきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 康俊

3ヶ月であなたの心とカラダを10倍活性化させるフローパフォーマンストレーナー。メンタルトレーニング(自分の気持ちと向き合い)始めて8年以上、自分の学びのために200 万以上を投資し、心・カラダの相談を受けたのは100名以上にのぼる。