感動!!なんと、「公認」頂きました!!

こんにちは!清水やすとしです!!

先日、スポーツドクター辻 秀一先生にお会いし、
現状の共有や今後の話しをしました。
私が高校生の頃に初めて辻先生のメンタルトレーニングを受け、

その後も定期的にお会いし、私の人生においても師匠です。

 

実は、辻先生が書いた「新根性論」という本に
私が高校生の頃のメントレの様子が少しですが載っているのでぜひ読んでください!!

14944764621461494476467632

(たまたまお客様が持っていて久々に読みましたが、超懐かしい、、、。)

 

 

出会いのキッカケ!一冊の本。

 

初めて辻先生の存在を知ったのは一冊の本でした。

私は当時、メンタル的なことでとても悩んでいて様々なメンタル的なことを教える人の話を聞きに行ったり、多くの本を読みあさって、自分なりに試していました。

その中で「スラムダンク勝利学」という本に出会い、なんとも言えない衝撃を味わいました。

今まで知っていた「ポジティブシンキング」とは一味違い、ものすごい期待と希望を感じたのを覚えています。

「これなら変われるかも!」

そう思い、巻末に書いてある辻先生のオフィスに電話をしました。

 

「その行動力がすごい!」

と言われることもあるのですが、

躊躇する暇がないほど必死に、自分のメンタルの改善方法を模索している状況でした。

 

当時、辻先生の秘書だった方が優しく受け答えをしてくれ、

「辻から、メールを送ります。」と。

そしてその後、辻先生と何度かメールでやり取りをしました。

そこで言われたのは、

「スラムダンク勝利学を毎日実践すれば、3か月で変わります。」と。

 

わかりました!

とは言ったものの、「実践するとは?」と疑問を残したまま、

実践すること=本を読むことと捉え、毎日読み続けました。

読み終われば、もう一回1ページ目から。

気になったところは何度も繰り返し読む。

 

一番記憶に残った言葉は「心技体」という言葉。

「心技体が大切。」といつも頭の中で考えていました。

 

そして、3か月

 

「3か月で変わります。」

その言葉だけにすがる想いで、毎日一冊の本を頼りに自分なりにトレーニングを続けました。

 

そして、3か月後。

 

なんと、いきなり想像以上の結果が!

とはいかず、残念ながら思い描いた結果は出ませんでした。

ただ、私に残念な気持ちはなく、希望すら感じていました。

 

なぜなら、私自身、その違いをハッキリと5感で体感していたからです。

今までは極度のあがり症で、“本番”になると過度の緊張で一切自分の実力を

発揮することができませんでしたが、5感を通して違いを体感していました。

 

そして、辻先生のメンタルトレーニングを本格的に始めることを決め、

その半年後には初めて「結果」と呼べるものを残すことができました。

 

視野の広さ明るさ、足の裏のリングに触れる感触、

皮膚から感じる体温、聞こえる応援席の声、気持ちの余裕、、、
全てに過去の自分との変化をハッキリと感じました。

(過去の記事http://flowpersonal.jp/effect/

“そもそも、なぜメンタルトレーニングを始めたのか。 実際どれだけ効果はあるの??”より)

 

 

 

 

多くの人に伝えたい

 

いつか辻先生に教わったこと、自分が実践してきたことを必要としている人に

伝えられる人になりたいと強く、そしていつも思っていました。

 

そして先日の辻先生と話した際に、

「お前の活動を応援したいと思ってる。俺は何をしてあげられるかな?」

「もし役に立つなら、お前が“辻秀一公認 フローパフォーマンストレーナー”とお前が名乗るのは構わないよ。」

と言ってくださいました。

 

私にとって、それは本当に嬉しく、感動しました。

いきなり何かが変わるわけではないですが、

自分の活動してきたことのベクトルがズレていないと

改めて確信できた気がしました。

 

まとめ

目の前の人をFLOWに、世界をFLOWに導くために

情熱を注ぎ、FLOW Personalは活動していきます。

 

いつでもどこでも誰の前でも、

自分の実力を発揮するためのトレーニングを

あなたも今日からはじめませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 康俊

3ヶ月であなたの心とカラダを10倍活性化させるフローパフォーマンストレーナー。メンタルトレーニング(自分の気持ちと向き合い)始めて8年以上、自分の学びのために200 万以上を投資し、心・カラダの相談を受けたのは100名以上にのぼる。