ウンチは自分からのメッセージ!?

みなさんこんにちは!鎌田りゅうです!

 

便秘でお悩みのお客様から、

記事を書いて欲しいということで、

 

本日は

「腸内環境とウンチ」についてお話ししていきます!

 

※ウンチワードがかなり多くでますので、

ご了承くださいませ!

 

 

健康状態が決まる!?

 

人の心身の健康状態と腸内環境には大きな関係性があることは近年明らかにされています。

 
「免疫力の7割は腸で決まる」とも言われています。
そして、実は腸は人間にとってとても大きな役割を持ちます。
腸は神経伝達物質のセロトニンを脳よりも大量に分泌するため、
精神状態に大きく影響するといわれ、

セロトニンが不足して引き起こされる有名な病はうつ病です。
腸内環境が良くないと、
カラダの健康状態だけでなく、
心の病気にも繋がる!という事です。
「ココロ」と「カラダ」は繋がっている!
という事が明らかですね!

 

ウンチは腸からあなたへのメッセージ

 

腸内環境がいい状態?
悪い状態?
どうやって確認するのか?

 

 

そう!「ウンチ」ですね!

 

ウンチはあなたのココロとカラダの健康状態を教えてくれます!

 

食べたものが、ウンチとして出てくるのは、
長くて72時間。
平均的には30時間ほどと言われています。

 
昨日食べたものが今日のウンチとしてでる。
なので、昨日の食事が良かったのか?
悪かったのか?は確認できますね。

 

もちろん、腸の状態が良ければ良いウンチが出る。

 

良いウンチ

力むことなく、便座に座ったら自然と出てくる。
悪いウンチ

排便時に力む必要があるものや、痛みや苦しい感じを覚える。
また下ったり残便感がある。

 

など。
簡単に確認ができると思います。

 

水分量できまる?

 

ウンチの硬さを決めるのは水分量です。
ウンチから水分を吸収するのは大腸の仕事で、
大腸にいる時間が長いとウンチは硬くなります。

 

また、低糖質や、ダイエット中に便秘になる方も多く見てきていますが

 

 

その原因は。。。

・水分量が足りない
・食事の量が少ない
・食物繊維の量が少ない

ウンチのを運ぶカサが少なくなるため、
排出するまでに、次のウンチが届くのをまっていることになる。

水分もどんどん吸収され、
硬いウンチ、コロコロとしたウサギのようなウンチになる。

 

 

悪玉菌は悪者ではない

 

人の腸管は成人で10メートル近くもの長さがあると言われます!
長いですよね?

カラダに入っていると思うとすごいですね!
さておき。。。

 

腸内細菌は成人で5万種類以上あり、そこには1000兆個以上の細菌類がいます。
その、腸内細菌には3つのタイプが

みなさんがよく耳にする
・善玉菌
・悪玉菌

もう一つ!
日和見菌です。

 

一般的に「悪玉菌は悪者!」と思っている方も多いとおもいます。

 

しかし!
悪玉菌自体は悪いものではありません。
そして、
善玉菌が上手く働くためには悪玉菌は必要な存在なんです!
善玉菌が多いと腸は若く免疫力も高い状態になりますが、

ただ悪玉菌が優勢になると腸は老化し免疫力も低下します。

 

日和見菌は優勢なほうにつくため悪玉菌が優勢になると体に悪さを与えます。
大切なのは善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランス。
理想は善玉菌を優勢にして日和見菌の数を増やし、
悪玉菌を劣勢にすることですね。

 

 

まとめ

 

何がよくないのか?
とってもかんたんで、

まず、バランスのとれた食事、水分が摂取できていないことです!
一人一人の体質もあり、
これが全てではありませんが、
確かな知識をしり、

 

そして、
「ココロ」と「カラダ」のバランスは大切にしましょうということですね。

 

自分が自分を大切にできずに
誰が自分を守ってくれるんですか?

 

そして、自分の気持ち、カラダの状態がわかるのは自分だけです。

 

ほったらかしにせず、
大切にしましょう!
フローパーソナルでは、
ココロも、カラダもどちらもサポートさせていただいております!

 

なにか、お悩みがある方は
どんな小さなことでも構いませんので、
お問い合わせくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鎌田 竜羽

小さい頃の家庭環境が良くなく、小学校の頃から心を閉ざしていた。自分の気持ちを抑え、周囲や親に好かれようと努力する生き方を選ぶ。そんなときに野球に出逢い、「ウソをつかない」と思った野球に没頭する。それをきっかけにスポーツの楽しさに気づき、自分がかわるきっかけとなった。スポーツ、トレーニングはそれだけの力を持っているということを伝えたく今の職業を全うしている。