そのトレーニングメニュー間違ってない?

こんにちは!鎌田りゅうです。

 

自分でトレーニングする時、
どのようにメニューを組めばいいのか?
休憩の時間は?

 

など、質問がお客様からありました!
そこで、本日は
トレーニングメニューの組み方について紹介していきます!

 

 

 

BIG3とは?

 

基本となるのが、
「大きな筋肉から鍛えていく」ことです。

 

 

大きな筋肉ってなに?


脚、胸、背中の3つです。
これらはBIG3(ビッグスリー)と呼ばれています。

 

 

まずはこのBIG3を組み込んだトレーニングをしましょうということ!!!
筋トレを行う上では鉄則と言われています!

 

 

初心者の方も、ダイエット目的の女性も、
筋肉をつけたい男性でも変わらず取り入れましょう!!!
腹筋や腕の筋肉は比較的小さな筋肉といわれます。

 

 

小さな筋肉ばかり鍛えていてもダイエット効果や、
大きな見た目の変化は表れにくいことを覚えておいたほうがいいですね!

 

 

 

 

回数とセット数は?

 

 

筋トレ初心者の方

1セットの回数は10回~15回
筋トレ初心者の方で多くいらっしゃるのが、沢山回数をこなしたり、
やたらと重たい重量で行う方が良いと思っていることです!

 

 

 

間違えで、大切なのは回数でも重量でもなく、
鍛えている筋肉にしっかり効いているかという事です!!!
では、セット数は?

3セット~5セット
フィットネスジムなとで、
一つの種目を1セットだけ行って、
違う種目に移ってしまう方がいます。

 

 

先ほどもお話しましたが、
大切なのは鍛えている筋肉にしっかり効かせることです!

 

 

1セットでは十分に効かせることは出来ないので、
最低でも3セットは行っていきましょう!

 

 

トレーニング中の休憩時間

トレーニングにおいてセット間の休憩時間の管理も重要!!!

 

 

たまに、長時間休憩してしまう方もいますよね?

 

 

それでは筋肉への刺激を十分に与えることが出来ません!
筋トレ初心者の方は、
セット間の休憩時間は
60秒~90秒ほどで設定していきましょう!

 

 

 

 

トレーニング頻度

 

 

最低週2回!
筋トレの効果を実感するためには、
週2回以上はトレーニングを行うことが必要と科学的根拠で証明されています。
「毎日トレーニングをしてもいいの?」という質問を受けますが、
答えはOKです!
トレーニングの方法次第ですが。
しかし、筋トレ初心者の方の場合は、
最低週2回、出来れば週3回行えれば十分でしょう。

休養もトレーニングのうちですからね!

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?
ご自身のトレーニング見直してみてください。
言ってしまえば実際なにが正解はないと思います。
カラダがそれぞれのように、
効き方も違う。
回復のスピードも違う。
何より自分に合ったものが1番です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鎌田 竜羽

小さい頃の家庭環境が良くなく、小学校の頃から心を閉ざしていた。自分の気持ちを抑え、周囲や親に好かれようと努力する生き方を選ぶ。そんなときに野球に出逢い、「ウソをつかない」と思った野球に没頭する。それをきっかけにスポーツの楽しさに気づき、自分がかわるきっかけとなった。スポーツ、トレーニングはそれだけの力を持っているということを伝えたく今の職業を全うしている。