可愛い、可愛すぎる。全てはゆかりちゃんのために?

こんにちは!清水やすとしです!!

可愛くて仕方がないゆかりちゃんを紹介します。

私の子供ではなくて、FLOW Personalの紹介動画を撮ってくださった

凄腕動画プロモーターの武者絢也(「むしゃ じゅんや」と読みます。)さんのお子さんです。

動画撮ってくださったお礼にご家族もご一緒に焼き肉を食べに行った際に初めて、娘さんであるゆかりちゃんを連れてきてくれたのですが、、、。

received_432660533759455

可愛い。

received_1260402514067466

可愛すぎます、、、。

 

私はまだ“親”という立場になったことはないですし、子育ての方法などは詳しくはありませんが、一つハッキリとわかることがあります。

それは、「子供は親の気持ちを身近に感じている。」ということです。

なぜなら、私も赤ちゃんとして生まれ、子供の頃があったからです。

気持ちは伝わり、伝染します。

received_412832449075597 (2)

ハッキリと覚えています。母親が嬉しそうにしている姿が心から嬉しく、子供だった私も充実感を感じた体感をハッキリと。

父親がイキイキしている様に、こちらまでイキイキした感覚をハッキリと。

今、この文章を書きながらでも、思い出すと全身がジーンときます。

 

反対に、悲しんでいる時や怒っている時も伝わっていきます。こちらも理由なく悲しくなります。

ご機嫌だけ伝染すれば便利ですが、不機嫌も伝染します。

 

私たちFLOW Personalが、「目の前の人をFLOWに導く。」(FLOW=気分が良く、ご機嫌な状態。)という使命を持っている大きな理由は、未来の子供たちのためです。

気持ちは無意識レベルで人に伝わり、特にまだピュアな子供たちには大人の気持ちが強く伝染し、影響します。

決して不機嫌が“悪”ということでもないですし、「子供に怒りや悲しみを見せるな」ということではなくて、

自分の気持ちを自分で取ることにエネルギーをそそぐことは人間らしさであるとともに、大人としての責任の一つであると考えています。

そして、自分の気持ちを大事にすることにエネルギーを注ぐことは子供への愛情にも直結すると考えています。

 

自分の気持ちが揺らぎ、落ち込んでいる時、心が怒りに満たされている時、本来愛している存在にも素直に愛をそそぎづらいということは、誰しも経験したことはあるのではないでしょうか?

日常の中でも、本当は「ありがとう!」と言ったほうが良いのに、心が何かに揺らぎ、とらわれている時は言い出しづらい、という経験はありませんか?

私はあります。どんな時も心の状態は自分の行動に影響を及ぼします。

全ての人間が本来持って生まれてきた愛情すらも、心の状態に左右されます。

 

「ストレス社会」と呼ばれる現代。2016年から一定の基準を満たす会社にはストレスチェックが義務化されるなどの対策も打たれています。心がどれだけ影響を与えるかはすでに多くの人が知ってはいます。

ストレスに心をむしばまれ、自分本来の力を発揮できないこと、そして持って生まれた愛情も発揮しづらい大人の影響を受けるのは

まるで、まだ心までも裸のような子供たちです。

 

10年後の子供たち100年後の子供たちの心と身体の健康、

そのためのFLOWな日本、FLOWな世界をイメージしながら

私たちは活動しています。

目の前の人をトレーニングを通してFLOWに導くことが私たちの使命です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

清水 康俊

3ヶ月であなたの心とカラダを10倍活性化させるフローパフォーマンストレーナー。メンタルトレーニング(自分の気持ちと向き合い)始めて8年以上、自分の学びのために200 万以上を投資し、心・カラダの相談を受けたのは100名以上にのぼる。