自分を褒めるのは恥ずかしい?

こんにちは!鎌田りゅうです!

 

褒められるという事は

嬉しいですよね?

 

でも、自分で、自分を褒めますか?

何言ってんの?って感じですよね?

でもそれがすっごく大切なんです!!!

 

 

 

 

そんなの恥ずかしくて馬鹿馬鹿しい。。。

 

 

恥ずかしいからこそやってみてほしいんですね!

 

 

「褒める?馬鹿じゃないの?」
と思っていいんです。

 
褒めてあげると色々と人生変わりますよ〜〜〜ということをお伝えしていきますね!!!

 

 

 

 

自己嫌悪から卒業しましょう!

 

 

『あんなに動いたのに体重が減らない』
『食事我慢しているのに、何も変わらない』

 

 

などなど、たくさん考えるでしょう?

 
特に、女性は生理前!!!
イライラMAXでしょ?

 

 

 

何をすればいいの?

 
考え方を少し変えるだけ!

 

そう!先ほどもお伝えした。。。

【自分を褒めるだけ!】

 
・たくさん運動した

体重が減っているはず!

 
ではなくて。。。



・たくさん運動した

自分偉いな!すごいな!
よし、ご褒美あげよう!

 

 

こんな感じ!

 
まずはその行動した自分を褒める!!!
褒めまくる!

 

 

恥ずかしいけどやる!

これ超ーーー大事!だから!

 

 

 

そのあとは、チョコを1つ、2つ食べて、
お茶でも飲んで、
リラックス&ルンルンしましょう!!!

 

 

(ご褒美とはいえ、ジャンクフードはNGですからね。笑

でも、それも日にちを決めて別の日に食べればいいんですよ!)

 

 

 

自分で自分を傷つけちゃダメ!

 

一向に変わらないカラダに。。。

 

『私なんて。。。』
『なんて』てなんですか!

 

 

 

だって、世の中行動しないで
口だけの人の方が割合が多いのに、

行動してるじゃん!!!

 

 

偉くない?
凄くない?
かっこよくない?
褒めて当然じゃない?

 

 

少なくとも私達はそう思います。

 
先ほども言いましたが、

 

 

『行動してる』んですよ!
頑張ろうとしているんですよ!

そんな自分を傷つけちゃダメですよね!

 

 

褒めて、褒めて、褒めまくりましょう!

 

 

 

 

まとめ

 

 

『頑張り』というのは、

 

自分自身が決める事であって、
他人が決めていることではありません。

 

 

その選択、その行動、頑張り。

 

まず、認めましょう!
そして、褒めましょう!

 

 

そう考えれば褒めるのは簡単ですよね!!!

 

 

今日から1日5個は自分を褒めましょうね!!!

ABOUTこの記事をかいた人

鎌田 竜羽

小さい頃の家庭環境が良くなく、小学校の頃から心を閉ざしていた。自分の気持ちを抑え、周囲や親に好かれようと努力する生き方を選ぶ。そんなときに野球に出逢い、「ウソをつかない」と思った野球に没頭する。それをきっかけにスポーツの楽しさに気づき、自分がかわるきっかけとなった。スポーツ、トレーニングはそれだけの力を持っているということを伝えたく今の職業を全うしている。