生理中の貧血は、ただの貧血ではなかった!?

こんにちは!鎌田りゅうです。

 

本日は「生理中の貧血」について。

 

ただ我慢する。

こんな方も多いですよね?

 

少しでも望みがあるなら、

和らげたい。

 

世の女性はそう思っていると思います!

 

では、早速!!!

 

 

 

 

 

生理中の貧血は一般的な貧血と違う?

 

 

生理中と言うのは血液が子宮に集まります。

本来脳に行くはずの血液の供給量が減ってしまうという事です。

 

 

そうすると貧血を発生させるのですが、
一般的な貧血とは異なり

 

『虚血性貧血』と言います。

 

 

一般的な貧血は鉄分が足りないがために起こるものと言われています。

 

 

 

 

 

ヘム鉄と非ヘム鉄が貧血を助けてくれる!

 

 

とはいえ、
一般的な貧血も生理中に発生する貧血も取るべき食材は変わりません!

 

 
・ヘム鉄

肉、魚などの動物性食品=吸収率が高い

 

 

・非ヘム鉄

卵、乳製品や植物性食品=吸収率が低い

 

 

上記のヘム鉄と言うのは貧血防止に非常に役に立つものです。

 

 

 

非ヘム鉄の吸収率をアップさせようね!

 

 

上記でお伝えした通り、
非ヘム鉄は吸収率が悪いんです!

 
そのため非ヘム鉄のものを多く摂取するのももったいないと言うのが本音です。

 

 

せっかく食べた栄養。。。
吸収するためには何が必要なのか???

 

 
それは鉄板ですが。。。

 

 

『ビタミンC』です!!!

 

 

ビタミンCが多く含まれている食品と、
非ヘム鉄が含まれているものを多く食摂取すると予防効果が望めるでしょう!

 

 

 

 

まとめ

 

 

本日はご存知の方も多い鉄板ネタでしたが、
再認識できましたでしょうか?

 

また、よくある質問で、生理中のトレーニングですが。。。
ホルモンの側面から見ていくと。。。

生理中から、生理が終わった直後というのは、
ホルモンのバランスからみても、

 

一番筋トレを行った結果の効果がはっきりと出る時期にあるといわれています。

 

 

 

が!!!

 
ただし、何事も無理は禁物です!!!
生理中でも日常生活の支障が少ない人や痛みがひどくない時に行うことを心がけるべきですね!

 

 

痛みが激しいときや貧血がでているような場合は、控えるようにしましょう!!!

 

 
自分のカラダは自分でしかわかりません!
大切にしましょうね!!!

 

 

 

======================

☆ライン@☆

FLOWpersonalの

さまざま情報を、配信しております!

 

“ライン@限定”お得なキャンペーンもあります!!!

 

ぜひご登録お願いします(^^)
line://ti/p/@geq7457a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鎌田 竜羽

小さい頃の家庭環境が良くなく、小学校の頃から心を閉ざしていた。自分の気持ちを抑え、周囲や親に好かれようと努力する生き方を選ぶ。そんなときに野球に出逢い、「ウソをつかない」と思った野球に没頭する。それをきっかけにスポーツの楽しさに気づき、自分がかわるきっかけとなった。スポーツ、トレーニングはそれだけの力を持っているということを伝えたく今の職業を全うしている。