皮下脂肪がおちない。。。

こんにちは!鎌田りゅうです。

 

みなさん「◯◯脂肪」ときいていくつ思い浮かびますか?

そして、何脂肪が一番落ちにくいと思いますか?

 

 

 

正解は。。。

 

『皮下脂肪は脂肪の中でもっとも減らしにくい』と言われています。

 

長年の脂肪の蓄積によって、溜まっていくものといわれていて、
ダイエットを頑張っても、
なかなか減っていかないという方も多いですね。

 

しかし、皮下脂肪も脂肪には変わりありません!!!
必ず落ちます!!!ご安心ください!!!

 

 

 

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪の二種類がある

 

皮下脂肪は、
皮膚のすぐ下の部分に脂肪がついてしまっている状態です。

実はこの皮下脂肪はかなり消費することが大変と言われている脂肪になります。

 

 

皮下脂肪は消費されることがなかったエネルギーが長い時間かけて徐々に蓄積されてついていく脂肪です。

 

 

エネルギーが足りない状況にして、
皮下脂肪からエネルギーをもらうようにしなければいけません。

 

食事制限だけで脂肪燃焼をしてくれるわけではなく、
運動との両立でエネルギー消費をしないと脂肪燃焼をしてくれません。

 

皮下脂肪を燃焼させることはかなり大変ということです。

 

 

 

まず、つかないようにする!

 

これが、大前提ですね!

 

そこで知らないといけないのが、
なぜ皮下脂肪がついてしまうのか。

 

原因はとても簡単!

 

エネルギーの消費に対してカロリーを取り過ぎてしまうのことが原因です。

 

なので、
運動をしないのならあまりカロリーを取らないようにする。

また、ある程度動くなら、
どのくらいカロリー消費をしているかを把握する事が大切。

 

 

 

どんな運動が効果的?

 

ずばり、「有酸素運動です!」

なるべく長く、
エネルギーの消費をしていくことが効果的だといわれています。

 

そこで、
長い時間運動ができる『有酸素運動』ということです。

 

ただ運動をしてすぐに減らすことができるわけではなく、
ある程度時間が必要なので『長く続ける』ことが大事になります。

 

プラスで、筋トレをすると、
成長ホルモンの分泌により、
脂肪を燃焼しやすい状態にしてくれます。

 

なので、
トレーニングの後の有酸素運動は効果的であるといわれているのです!!!

 

 

 

漢方を使ってみるとよりいい?

 

漢方で『防風通聖散』という成分があるのですが、
これがエネルギーの消費力を高めてくれるといわれています。
もちろん、皮下脂肪の燃焼にもいいでしょう!!!

 

 

 

まとめ

 

皮下脂肪を減らすには、

・継続的なダイエット
・無理なく長期的

2点が大切なポイントです!!!

 

 

たくさんの情報は飛び交っていますが、

正解ってなに?って、

「自分にあったも」ですよ!

 

 

だから、FLOWpersonalはマニュアルを作ってないですよ!

 

 

1人1人がそれぞれのように、

メニューも、食事も人それぞれ!

当たり前のことです!!!

 

あなただけのメニュー見つけましょう!!!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鎌田 竜羽

小さい頃の家庭環境が良くなく、小学校の頃から心を閉ざしていた。自分の気持ちを抑え、周囲や親に好かれようと努力する生き方を選ぶ。そんなときに野球に出逢い、「ウソをつかない」と思った野球に没頭する。それをきっかけにスポーツの楽しさに気づき、自分がかわるきっかけとなった。スポーツ、トレーニングはそれだけの力を持っているということを伝えたく今の職業を全うしている。