低GI値(GI値)とは?

  • こんにちは。鎌田りゅうです。

本日は、『GI値』についてお話したいと思います。

GI値と聞いてどんな事を想像しますか?

玄米?とか、お蕎麦?とか

なんとなく聞いた事がある方は多いと思います。

簡単にお話すると、『血糖値を安定に保ちましょう。その方が、カラダにいいですよ!』という事です。

では早速!!!

 

低GI値(GI値)を理解しましょう

 

血糖値が上昇すると、すい臓からインスリンというホルモンが分泌され、

糖を脂肪細胞などの組織に取り込ませて、血糖値を元の状態に戻します。

これをGI値と言いますが、

 

本日お話するのは、

この血糖値が上がりにくいもの。『低GI』についてです。

 

低GI炭水化物はどんなものがあるのか?

 

・玄米

・そば

・ライ麦パン

・春雨

・オールブラン

・さつまいも

などなど皆さんが想像していた通りですね!素晴らしいです!

 

とはいえ。。。上記のものならなんでも食べていいの!?という質問があります。。。

 

低GIならなんでも食べていいのか?

 

いえいえ。。。そんなことはありません。

いくら血糖値が上がりにくいからといっても、

『カロリー』はあります。やはり食べ過ぎれば太ります。

 

もし、炭水化物を取り入れたいのであれば低GIのものを選ぶ方がいいということです!

 

 

血糖値を下げてくれる食材は?

 

・ほうれん草、小松菜など葉物野菜全般

・オクラ

・ブロッコリー

・きのこ類

・レモン

・あさり

・海藻類

・サバ

・秋刀魚

・酢

・オリーブオイル

・納豆

などなどかなりたくさんの食材が有効です。

普段のお食事に加えてみては?

 

では、最後に

 

野菜を最初に口にするだけでも、血糖値の上昇は防げます。

 

『ベジファスト』という言葉があるように、

食事の最初に『食物繊維』をとることが血糖値の急な上昇を抑える効果があります。

野菜は食物繊維が豊富です。

主食より先に食物繊維をとると、糖質がブドウ糖に分解・吸収

されるスピードを穏やかにして、

血糖値の急激な上昇を抑えられます。

 

また、血糖値だけでなく、脂肪の吸収も抑えてくれるので、

コレステロールや中性脂肪の改善にも効果が期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鎌田 竜羽

小さい頃の家庭環境が良くなく、小学校の頃から心を閉ざしていた。自分の気持ちを抑え、周囲や親に好かれようと努力する生き方を選ぶ。そんなときに野球に出逢い、「ウソをつかない」と思った野球に没頭する。それをきっかけにスポーツの楽しさに気づき、自分がかわるきっかけとなった。スポーツ、トレーニングはそれだけの力を持っているということを伝えたく今の職業を全うしている。