体幹トレーニングの落とし穴

みなさんこんにちは!鎌田りゅうです。

本日は体幹トレーニングについてお話ししていきたいと思います!

体幹とは?

 

「体幹」とは、文字通り「体の幹」のことです。
英語では、「CORE(コア)」といいます。

体幹には、「芯」・「核心」という意味がああります。

具体的には体の芯となる筋肉や関節などを指します。
しかし、明確な定義がないため、人によってその範囲が異なります。

簡単にいえば、人の胴体部分のこと。
そして、カラダを支える重要なコアの役割があり、
私たちが立ったり、座ったり、走ったりできるのは、すべてこの体幹があるからこそなのです。

 

 

 

 

ダイエット自体には効果はない!?

 

体幹トレーニングは、確かに体にとって重要な筋肉を鍛えてくれます!

しかし、トレーニング自体の消費カロリーはそれほど多くはないです。

消費カロリーが少ないということは、
脂肪も燃焼できないということで、
カロリー消費のダイエットが目的のトレーニングとしては、

体幹トレーニングは効果的とはいえません。

 

とはいえ、
体幹トレーニングで体の内側の筋肉である「インナーマッスル」を鍛えることで、基礎代謝は高くなります。
その意味で、体幹トレーニングを取り入れれば、多少太りにくい体になることが期待できます。

また、継続することで、
ぽっこりお腹、便秘改善、姿勢改善などなくさんメリットはあります!

 

 

 

 

体幹トレーニングの勘違いとは?

(いろいろな説はありますが。。。)

体幹とは、一般的に横隔膜(おうかくまく)、腹横筋(ふくおうきん)、

多裂筋(たれつきん)、骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)等の筋肉のことです。

胴体部分の表面から見えない深層部の筋肉等のことです。

 

これらの筋肉等を普段意識して生活している人はほとんどいないと思います。

だからこそ、意識して鍛えると眠っている体本来の健康な状態を呼び覚ますことができます。

 

 

そもそも体幹トレーニングを行う目的は、
四肢をリラックスして動かせるようになることで、

腕や足に力みが入るような方法は間違いです。

 

ところが、最近体幹トレーニングの方法の多くは、

スタビライゼーションと呼ばれるものが多くなってきています。
(ひたすら体幹以外の部分を固めるような方法)

 

かつては「腹筋を鍛えるなら上体起こし」といった時代があり、

それではダメということで体幹トレーニングが台頭しました。

 

それがいまでは体幹トレーニングの方法は、すべてスタビライゼーションとなっています。

これがポイントですね!

 

体幹のトレーニング方法のポイント

 

なかには、難しい方法のトレーニングをやればそれだけ体幹が強くなると思っている人もいますが、それは大きな誤解です。

 

自分がどの段階にあるかを理解して、
低い負荷から順にステップアップしなければなりません。

 

体幹トレーニングは、あくまで「パフォーマンスを向上」させるための「手段」です。

 

体幹トレーニングの方法をマスターすることが目的ではありません。

 

お腹と背中と股関節をうまく動かして、

まんべんなく体を使うことが目的です。

 

そのためには、体幹のトレーニング方法はかなりレベルを下げた段階から始めることがポイント。

 

きちんと体幹が使えていることを感じられる負荷で、

徐々にステップアップしていくようにします。

 

形だけまねる体幹トレーニングの方法は、パフォーマンスアップに逆効果になることもあるので、注意しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鎌田 竜羽

小さい頃の家庭環境が良くなく、小学校の頃から心を閉ざしていた。自分の気持ちを抑え、周囲や親に好かれようと努力する生き方を選ぶ。そんなときに野球に出逢い、「ウソをつかない」と思った野球に没頭する。それをきっかけにスポーツの楽しさに気づき、自分がかわるきっかけとなった。スポーツ、トレーニングはそれだけの力を持っているということを伝えたく今の職業を全うしている。