お酒とダイエット

こんにちは。鎌田りゅうです。

本日は、『お酒』についてです。
お酒はダイエットには悪影響と言われることが多いと思います。
そう認識している方も多いと思います。
そこで、何が良くないのか?
本当にやめなければいけない物なのか?

説明していきます!

お酒の種類

 

”醸造酒”
原料となる果物、穀物に酵母を加えて発酵させたお酒
ビール、日本酒、ワインなどになります。

”蒸留酒”
醸造酒を蒸留して作るお酒。
焼酎、ウイスキー、ウォッカなどになります。

 

 

糖質が多いのは醸造酒

”醸造酒”

米、大麦、ぶどうの成分である糖質や、たんぱく質などの、
カロリーがお酒に残るため、太りやすいと言われています。
”蒸留酒”

醸造酒を加熱し、蒸発した、湯気を冷やして作られているため、
蒸発しない成分は蒸留酒には入っていません。

そのため、ほぼアルコールと水分のみとなっており、
他の成分のカロリーがないため太りにくいと言われております。

食欲増進させてしまう?

 

・お酒を飲むと、胃が刺激され、胃酸の分泌が活発になる。
・お酒を飲むと、血糖値が下がり、空腹感を感じてしまう。

上記の理由が主なものだと思います。

醸造酒、蒸留酒ともに関係なく作用します。

シメのラーメンの理由もこれになります。。。

 

タンパク質がいい?

 

実は。。。飲酒前にタンパク質を摂取することをお勧めいたします!

たんぱく質は、吸収に時間がかかります。
そのため、アルコールの吸収を穏やかにします。

また、食欲を抑える働きもあります。
カロリーをカットする市販のサプリを摂取するより断然いいです!!!

 

まとめ

お酒をやめる必要はない!!
蒸留酒のお酒をなるべく選び、飲みすぎないようにする。
これだけです。

無理に止めて、ストレスを感じることの方が、
よっぽどダイエットに悪影響です。
悪循環です。

筋肉によくないと言われますが、
上記を守れば、気にするほどではありません。

何事も適度が一番ですね!!!
急激なトレーニング、過度な食事制限。
必要ありません。

何でもそうですが、
休むこと、リフレッシュは大切です。
そして、それは、遅れではないです。悪いことではないです!!!
大切なひとやすみです!!

 

うまくコントロールしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鎌田 竜羽

小さい頃の家庭環境が良くなく、小学校の頃から心を閉ざしていた。自分の気持ちを抑え、周囲や親に好かれようと努力する生き方を選ぶ。そんなときに野球に出逢い、「ウソをつかない」と思った野球に没頭する。それをきっかけにスポーツの楽しさに気づき、自分がかわるきっかけとなった。スポーツ、トレーニングはそれだけの力を持っているということを伝えたく今の職業を全うしている。